新築戸建て購入は慎重に|中古物件は大胆リフォームしちゃおう

模型を塗る手

リフォームで解消

お得で快適な中古一戸建て

新築一戸建てを建てる人が減少する一方で、中古一戸建ての販売数が伸びています。新築よりも中古一戸建ての方が安いからですが、昔は中古一戸建てを買いたいと言う人はあまりいませんでした。せっかく家を買うのなら、中古ではなく新築がいいと考える人が多かったからです。 しかし、国内でエコブームが巻き起こると、中古一戸建てが見直されるようになりました。また、その価格の安さから、大規模なリフォームをしても、新築よりはるかに安いと言うところが多くの人に好まれたのです。リフォームのやり方によっては、中古一戸建てを安くで新築並みにできます。お得ですし、リフォームで古さが解消されるわけですから、快適に生活ができるのです。

物件の程度は様々です

中古一戸建ての購入額の平均は、2300万円程度です。新築の分譲住宅は3600万円が平均で、注文住宅になると4000万円を超えてきます。この4000万円と言う数字は、土地も購入した場合です。建て替えの場合は土地を買う必要が無いので、3000万円程度が相場となっています。とは言え、中古一戸建てと注文住宅の差は、場合によっては倍近くになってくるので、中古一戸建てを買う人が増えていると言うのも納得です。 しかし、物件の程度と言うのは様々で、相場よりかなり安くで買える中古一戸建てもたくさんあります。相場より安いのにしっかりしたものもあれば、ワケありのものもあるので、物件の確認には時間をかけることが大切です。